分譲と賃貸|不動産会社に相談してラクラクお部屋探し|業者に依頼しよう

不動産会社に相談してラクラクお部屋探し|業者に依頼しよう

分譲と賃貸

男の人

分譲と賃貸の差は設備の充実度

マンションには分譲と賃貸の2つの形式があることはよく知られていますが、これはあくまでも不動産商品としての性質の違いであって、建物自体の建て方、たとえば強度や工法などに違いがあるわけではありません。しかし実際に個々の物件を見比べてみると、分譲マンションの方が賃貸マンションよりも設備面などにおいて優れているというのが実情です。ウォークインクローゼット、パウダールーム、フルオートバスなど、賃貸ではなかなかお目にかかれないような設備が分譲物件には揃っています。それでは、分譲マンションのような豪華な設備を持った物件に賃貸で入居できる手段はないのかというと、これがあるのです。それは、分譲賃貸マンションを探すという方法です。分譲賃貸マンションはこれまで一般の賃貸物件の中に混ざって流通していたためあまり目につくことはありませんでしたが、近年ではあえてその旨を広告した物件も増えてきています。

家賃負担だけでハイグレードな暮らし

分譲賃貸マンションとは、もともと分譲マンションとして売りに出されたマンションを購入者が何らかの事情で賃貸に供しているマンションのことをいいます。投資目的や節税対策など理由はいろいろですが、自分では住まないが転売もしていないという物件です。入居者側にしてみれば、多額の頭金を用意したりローンを組んだりすることなく分譲マンションならではのハイグレードな住空間を利用できるわけですから、非常にメリットがあります。住戸内部はもちろん、共用設備やセキュリティも充実しているのでとても魅力的です。今後注目が集まると予測されるのが、リロケーション物件です。これは分譲マンションの所有者が転勤などで自宅を不在にする間賃貸物件として利用させるというものです。入居可能な期間は限られていますが、その分家賃も低めに設定されることが多いので、分譲賃貸マンションの中でも経済的なメリットが大きい物件です。